2011年05月04日

この本は科学も含めたすべての宗教を統合する経典、預言書である

本当の宇宙創造神とは一体どんな存在なのか。その答えは、日本にある。

日本独自のものとして、宗教学では神社神道と区別されて新興宗教である教派神道として扱われるが、元つ真釣りの立て替え立て直しを知らせる金光、黒住、天理(おふでさき)、大本(大本神論)、日月神示、火水伝文の一連の流れの「神示」がある。これらは、世界をすべて束ねる元つ大神が取次ぎ者を通して時代に合わせて降ろした、神の世界の真実を語った言葉を書き記したものであり、言わば、科学も含めたすべての宗教を統合する経典、西洋風に言えば天地創造神の預言書である。神が語っている形なので、宗教に分類されるが、正確には宗教でも神道でもなく、神話も含めた人類の歴史の裏の裏に封印された、現代社会の本当の姿、本当の天国の正体を明かし、一人一人の生き様を振り返り、本当の世界平和をもたらす術を語る文献である。

しかし、既存の宗教の経典とは赴きを異にした表現と現実社会の存亡に直接影響する内容を持っており、時の政府にとっては、宗教の経典というより、どちらかと言えば、実行可能な思想書だと見える。従って、近現代社会にとっては、特に、日本の政府当局にとっては、今までの歴史のすべてを否定し、現実の社会を破壊する恐れのある危険思想として映るため、大本教の弾圧に象徴されるように、あらゆる手段を使って闇に葬られてきた歴史がある。

真釣りの響きは、魔釣りの勢力にとって破壊思想なのである。このことをしっかり自覚して、くれぐれも、今までと同じ轍を踏まないようにして欲しい。

これらの神示は、読む者の心の曇り具合、持っている響きによって、何通りにも読む(解釈する)ことができるため、独自教団を作り、あるいは、外国の宗教を取り込んで、宗教化することもできるその場合は、教祖本人は元つ大神の取次をしていると思い込んでいて、九分九厘までは真釣りを知らせる教義に見えるが、一厘の差で既存の神道や科学と同じ世界に戻ってしまう結果になる。しかし、これらの神示すべてを貫いている大神の真意はただ一つである。

どの神示も、沢山の例え話を交えて手を変え品を変え語られているが、それは一つの真理を伝えるための方便に過ぎない。何度読み返そうとも、それが取れなければ、既存の宗教の経典や、哲学書と同じになってしまう。神示の中の言葉に囚われたり、一部分だけを都合よく使ったりすれば、意味がなくなる。

この本は、これらの神示もすべて統合した上で、現代社会の日本人に分かる形で、世界の立て直しの天命を担う神民である日本人に向けて書かれた21世紀版神示である。ただし、本当の日本の神の道ではあるが、その真意を取り違えれば、魔釣りから抜けられないどころか、真釣りをしている積りでも、実際には、魔釣りを進める手助けをしてしまうことになるから、細心の注意が必要である。本当に正直に自らの生き様を省みなければ既存の宗教と何ら変わらなくなり、元つ真釣りのミロクではなく、魔釣りのミヨク(滅び)を進めてしまうことにもなりえることを覚えておいて欲しい。

本当の神響きというのは、いい加減な誤魔化しは通用せず、どんなに些細な誤魔化しでも、それは、自らに滅びの道を呼び込んでしまう結果になる。そして、その結果は、鏡のように、ありやかに自らに戻ってくる。

今までのようないい加減な「信仰」ではミロクは幻となる。真意を取れるかどうかは、あなた自身にかかっている。本当に素直に自らのマ違いを認めること、100%の口心行を貫くことがその極意である。

聖書で言う「サタン(悪魔というのは、元々は、天の掟を破って地に落ちた神である)」の陰謀とそれを終わらせる「千年王国を創る神(ヤハウェ)」の戦いは、魔釣りの知恵の神と真釣りの真コトの神の戦いの映しである。光を一つ落とした「情けと花の仕組み」、つまり、ヤハウェの掟を真釣りの大神、サタンを魔釣りの蛇の知恵の神、と置き換えれば、まさに元つ天地の真釣りの大神の大掃除と同じ話である。ヤハウェとサタンを産んだ神(大きなサタン)が知恵の神であり、魔釣りの神である。その知恵の神を産んだ元つ大神が大きなヤハウェであり、真釣りの神である。真釣りの元つ大神がヤハウェであり、魔釣りの知恵の神がサタンと置き換えれば、本当の天地創造と人類滅亡の真実が見える。つまり、聖書の「千年王国」自体がまだサタンの世であり、千年王国の千年王国があるということである。

聖書のヤハウェの作る千年王国は実はサタンの世であり、現代社会はサタンの中のサタンの戦い、悪と悪の共食いの世である。悪を使って悪を祓う仕組みは、その通りであるが、その仕組みを使って悪を祓う神も獣だったのである。つまり、獣が獣を使って悪を祓う世界のヤハウェの正体は、獣の王なのである。そして、獣の世を終わらせる獣の王ヤハウェこそ本当のサタンであり、そのサタン(つまりは、蛇の知恵の神)を使って、悪を払って本当の千年王国、ミロク(三六九)の世を創るのが、創造神ヤハウェとたとえた本当の神であり、すべての罪を負わさせられた正神真神のカムスサナルノオオカミ様である。日本の国土をご神体とするヒノモトの国祖はクニトコタチノオオカミ様であり、カムヤマトイワレヒコノミコトが本当の神武天皇である。そして、すべての仕組みを産み産んだのが、ナギ、ナミ様を始めとする元つ天の大神様なのである。

一つ上の次元から見れば、ヤハウェはサタンである。ヤハウェというサタンがサタンというサタンを使って天地をマ釣り戻す仕組みを作り、それを成就しようと仕組まれたカラクリがイシヤの仕組みなのである。

それを実際に進めてきたのは、秘密結社の頂点に立つ十人の王の円卓会議である。現代社会のすべての国家政策のシナリオは、影の黒幕の合議で決まり、その黒幕の指示に基づいて、各国と国連が政策を立案し、世界統一の計画が実行されているのである。大衆がアレコレと不平不満を言っても、社会変革の運動をしても、すべては茶番に終わる。何も変わらないどころか、最後は虫けらの如く葬り去られてしまうだけである。

世論というのは、操作の道具に過ぎず、大衆が社会を変えようなどと思っても、世界のカラクリ上、それは絶対に不可能である。しかし、この世を統べる影の黒幕も、サタンの手下であり、そのサタンもヤハウェの世界征服の使い走りである。

一般大衆から見たら、とんでもなく荒唐無稽な話であるが、これがこの世を動かしてきた裏の裏の水面下のカラクリなのである。
posted by oct49 at 00:00| 京都 ☁| 宗教/政治/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:長谷章宏
職業:トータルライフコンサルタント
ウェブサイトURL:http://tlchaoffice.blog85.fc2.com/