2011年04月27日

本当の悪から足を洗うこと、本当の悪の戒律を無視することに、罪悪感はいらない。

あなたは、自分が自分を刑務所に入れたことを綺麗サッパリ忘れている。自分の意思で神法違反をしたことを忘れているから、自分が自分を裁いた裁判官であり、自分が自分の刑期を決めている刑務官(神)であることに気づいていない。自分が自分の違反を清算すれば、刑務所が娑婆に変わる。刑務所から出ればそこは天国であるが、神法違反の刑務所は死んでも消えず、次元を超えて存在する。

神法違反を清算しない限り、自らが刑務所を作り続けて、その中で、できない自由を求めて彷徨い続ける。罪を清算(差し引きゼロに)しなければ、永遠の天国には出られない。もし、逃れられない罪や誰かが与える罰、神の裁きというものがあるとすれば、現代社会を作り出した歴史の源の神を倒さない限り、人類は永遠に天国を体験することはできないことになる。

魔釣りの神の裁きは、自称「絶対権力者」の神の気分次第であり、神の言うことを聞けば死なないが自由はなく、言うことを聞かなければ命はない。言うなれば、おのれが死ぬか、最愛の者を殺すか、どちらか選べというのが、魔釣りの神の踏絵である。魔釣りの神、言い換えれば、世の黒幕は安泰である。それはそのまま、魔釣りのアヤマ知の現代社会での究極の場面の選択(脅し)であり、自己犠牲か、自己保身か、の選択を迫られることになる。死ぬのはいやだが、誰かを殺すのもいやだ、と思っていれば、脅した相手に服従するしかないのである。自分が死ぬか、誰かを殺すか、脅した相手に反旗を翻すか(それは、自らの死を選ぶのと同じである)の自由意志の選択があるようで、実は、一つの道しか用意されていないのである。罪悪感を持っている限り、たとえ死んでも魔釣りの神の支配する世界の奴隷から自由にはならない。

魔釣りの神は、真釣りを外すことに罪悪感は持たない。真釣りを見失っているから平気でできることではあるのだが、天地の理法を破った結果、自らの命の源を忘れ去り、自らの力で何でもできると思い込んでいるから、自らが世を支配している神の如くに振舞って、平然としているということである。結局は、魔釣りの神(その神の末裔である現代社会の支配者=上に立つすべての者)は、真釣りの神を殺すことに何の躊躇もないのである。その神の戒律に同意しているすべての者も、同罪である。

現代社会は、真釣りの神を殺すことで成り立っている世界であり、真釣りの神を認めることは、世の破滅に加担することを意味する。しかし、現代社会が魔釣りの世であるなら、世の破滅とは、天地の掟に反した神の作った世界を滅ぼすことであるから、実は、天国の復活を意味する。本当の悪から足を洗うこと、本当の悪の戒律を無視することに、罪悪感はいらないのである。

悪を滅ぼすことに異議を唱える者はいない。善から見た悪にとっては、善は悪であるからテロの論理が成立つのである。結局は、「悪を滅ぼすこと」に罪悪感は一切いらないということである。『本当にそれでいいのか』と問い続けるならば、魔釣りの罠から抜け出すことはできない。

魔釣りの響きは、真釣りを外した響きであり、万象万物の創造主に逆らっていることになるから、これ以上の反逆、これ以上の悪は存在し得ない。真釣りを闇に葬ることで成り立つ魔釣りの神の戒律は、言わば、天地に反逆する組織に加担させるための掟であり、それに従うことは、本当の絶対天国の掟である真釣りに違反することを意味する。魔釣りの神は真釣りの真コトの一厘と引き換えに生まれた神であるから、真釣りの存在は知らず、今の今までこのことには気づいていない。世の黒幕自身が自らを滅ぼす世界を作っていることを知らないのであるから、盲目的にそれに従うすべての存在は、自らを滅ぼす末路が待っていることに気づけるはずもない。

魔釣りの神をも生かしある元つ天地の大神の掟である真釣りの響きは絶対に消滅することはない。もし、消滅するなら、魔釣りが真釣りを生かしていることになり、天国は絶対に実現しない。即ち、真釣りを外した世に加担したすべての存在は、魔釣りの世から足を洗わない限り、真釣りの復活と共に破滅するのである。あなたが魔釣りの戒律(法律、道徳、常識等)に同意しているならば、自らのしていることに気づいて、生き様(態度、思想)を根本から改めない限り、あなたもその道を辿る。罪悪感とは、魔釣りの神が支配する世に封じ込めるために考え出された道具なのである。

逆さまの世界に生きている人類は、心の世を脳が作る幻想だと思っているから気づかないが、魔釣りの戦いの世界では、この世でも、あの世でも、人間の世界でも、神仏の世界でも、殺し合いが基である。人類の語る形の殺人や、戦争は殺し合いだとすぐわかるが、心理的な殺人というのも、実は、あの世での殺し合い、霊的殺神なのである。従って、魔釣りの響きの世界では、誰も殺さないで全員が天国になることはありえない。脅した相手を含めて、誰かを殺さない限り、自らの生きる道は閉ざされるのである。

魔釣りは善と悪の戦いの世界であり、善の言う悪自身は善であるから、悪の潰し合いが永遠に続く。死刑やそれを望む心が許されているのならば、それは、悪を殺すことに罪悪感を持つ必要はないと言っているのと同じことになり、悪が罪悪感なく善を殺せるとするなら、善も悪も含めた全員が天国になることは永遠にありえない。それは、言い換えれば、命の略奪合戦であり、どんな選択をしようとも、魔釣りの世界には滅びの道しかないことを意味する。

魔釣りの響きで生き延びたいならば、自らが魔釣りの神を支配するしか方法はない。つまり、魔釣りの神の座を自らの力で奪わない限り、魔釣りの源の神の支配の中からは永遠に出られないのである。しかし、自らの命の源を倒すということは、自らを倒すということであるから、自らを倒さなければ天国はないという矛盾したことになってしまう。自らを倒せば、自らは消えるから、天国は体験できない。天国がないなら、天国は語れないが、自らが消えて天国が実現するなら、始めから天国があることになる。魔釣りの神を消して天国が実現するなら、魔釣りがすべての世界ではなく、源の神を倒さずに天国を実現する道があることを示している。

魔釣りの源を倒したいならば、源の上を行かなければならない。しかし、源の神はすべてを知っているから、自らを倒そうとする企みも知っている。真釣りの仕組みも同じことで、魔釣りの神をも生かす本当の源を倒せば、自らの命は永遠になくなる。真釣りを外し、思い違いをして自らを滅ぼしてあなたの命がなくなったとしても、真釣りの仕組みは成就して天国は実現するから、あなただけが天国にいないことになる。あなたが「罪悪感」を捨て去らない限り、魔釣りの正体は見えず、魔釣りの言いなりのままに真釣りを外し続けて、最後は、自らを自らで殺す末路に自らを導くことになる。

魔釣りの源の神に気づかれずに、いや、気づかれても絶対に天国に戻れる方法が一つだけある。魔釣りの戒律に逆らうのでも、魔釣りの神を殺すのでもなく、魔釣りの戒律を越えた世界に移ってしまえばよいのである。魔釣りの戒律は元々何の力も持っていない。魔釣りの戒律に力を与えているのは、魔釣りの世をすべてだと思って、その世界から死ぬことを恐れている自分である。そういう生き様をしてきた集団が展開してきたのが、神話も含む人類の歴史であり、そのまま進めば、魔釣りの神もろ共、本当に人類滅亡が現実となる。実は、現代社会の源を知るということは、真釣りを思い出すことであり、魔釣りの神を倒しても天国はできないことに気づくことである。魔釣りの源を倒すのではなく、自ら内にあるアヤマ知、即ち、自らの囚われている魔釣りの響きをすべて消せば、元々持っていた真釣りの響きが復活し、魔釣りの支配の及ばない世界に移ることができる。その真釣りの響きを保ち続けていれば、必ずやってくる魔釣りの世の消滅と同時に、真釣りの天国に生き戻ることができる。

真釣りに戻れば、魔釣りの神の戒律を素通りして、真釣りの掟に戻ることができる。真釣りの掟は生死時空を超えた絶対真理であり、この世でも生死の響きが消えるから、自らにとっては、恐れを使った魔釣りの脅しは全く意味をなさなくなる。言い換えれば、真釣りの掟に戻れば魔釣りの掟は相対的戒律となり、自らに全く影響を及ぼさなくなるということである。


真釣りの真コトに戻ることが、魔釣りの神を越える唯一の道(※)なのである。




(※)現代社会の日本人が忘れた本当の神の道    実践・日本真道

    


posted by oct49 at 14:27| 京都 ☀| 法/宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:長谷章宏
職業:トータルライフコンサルタント
ウェブサイトURL:http://tlchaoffice.blog85.fc2.com/